Togglを活用して一週間の時間の使い方をKPT分析してみました|2/5-9 CHRO Weeklyレビュー

Pocket

時間管理アプリのTogglを使って、日頃から何にどれだけの時間を使っているのかを集計するようにしています。

今回からその集計結果の分析、振り返り、今後の対策について週間でレビューしてみようと思っています。

2/5-9の時間の使い方


スポンサーリンク

今週の振り返り(Keep)

・社内の打合せ時間を11h(18%)と増やしたことで、コミュニケーションの総量を増やすことができた。これにより業務の進捗や理解度を掴めることができた。
・ダイレクトリクルーティングで3.3hを使い、Wantedlyブログを2本投稿することができた。PVは721(2/10現在)。

今週の課題(Problem)

・応募者対応で14h以上(23%)が掛かっている。これを業務の分散、移譲、仕組み化により出来るだけ少なくしていきたい。
・来客の時間で9.3h(15%)が掛かっている。これを①来客数を減らす、②時間を減らすことで時間数を減らしたい。
・面接で6.3h(10%)が掛かっている。面接自体は対応するが、中身を精査して自分が対応すべきものか、対応する人を分散、移譲できないかを検討したい。

来週以降の動き(Try)

・Problemで挙げた対応をすることで時間の空きを作り、その分、ダイレクトリクルーティングの時間を確実に確保したい。週でKPIを持ち、やり続ける。(Wantedlyブログ:1本、スカウト:Green 10通、Wantedly 10通)
・人事評価の制度設計、運用の時間を確保する。
・経営陣とのMTG時間を確保する。
・経営陣、社内に週次で「人事からのお知らせ」としてHRレポートを出す。

CHROの対外的な活動

今週の動き

・CHROメルマガを2/5に配信

・CHROブログを1本投稿した
人の心を掴む3つのコミュニケーション方法
人の心を掴む3つのコミュニケーション方法
人と組織の関係を最適なものにして、組織の力で最高の成果を出すための戦略を経営サイドで考え、施策を実行するのがCHRO(最高人的資源責任者)だ。根本となる人と組織の関係を最適なものにするには、短時間で通常では想定しえないレベルで「相手の心を掴む」コミュニケーション方法を体得しなければならない。
・Facebookに1本投稿した
・2/21にCHRO勉強会を開催する
Chro×branding 戦略会議2018
https://www.facebook.com/events/320572218453149/

来週以降の動き

・CHROブログを週3本投稿する。月、水、金に更新予定。
・CHROメルマガを週2本配信する。火、木に配信予定。
・Podcastで「CHROのつくり方の講義」チャンネルを立ち上げる。ブログでテキストを作り、Podcastで音声配信をするイメージ。企画とコンテンツを詰める。
・Facebookライブで番組を立ち上げる予定。木曜の夜に配信予定。企画とコンテンツを詰める。

今週の学び

面接の場面で、過去の経験からスキルレベルを確認して、募集要件にマッチングさせるのは単なる採用担当が行うこと。

CHROは組織の未来を経営者の立場から見て、将来の企業価値を高めることができるかどうか、という創造と緻密な裏付けの計算をしてCEOに提案することがすべきこと。

CHROが経営者たる理由の一つ。CxOが見ている視界とはまさにこれ。数字で現状を捉え、未来のありたい姿から戦略を考え、語ること。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Scroll Up