CHROは人と組織を未来に繋げる予言者なんだと思う

CHROの役割

企業の中で最高人事責任者であるCHRO。
その「定義」については至るところで語られている。

個人的な定義としては、

単純に「人事部長」という存在ではなく、3つの視点(経営者としての視点、人事部門全体の視点、組織全体の視点)を持ち、全体のバランスを取りながら、3年、5年、10年先のありたい未来を見て、今すべきことを戦略として練る。

それがCHROの役割だと思う。

昨年対比で見て、今年はこうするとか、そんな短期的な視点ではなく、もっと先の未来を見て、今を捉える思考を持つ。

組織内、特にCHROの役割が特に求められる成長している企業では、「今」に忙殺されて、今日、明日をどう走り切るか、という超短期な視点にフォーカスすることが多い。

そんな時に、場合によっては「今はそんな先を見ていられない!」と批判を受けようとも、めげずに、挫けずに、ブレずに、「誰も見ようとしない現実と未来」にフォーカスして、今やるべきことを考え切る。

誰も見ようとしない現実と未来を見せると起きること

経営陣の今のやり方を否定することになるかもしれない。

周りからたくさんの否定的な意見ばかりを投げつけられるかもしれない。

部下から「何を考えているのか分からない」と言われるかもしれない。

誰も見たことがない「未来」を描いて、そこへの道順を見て、道を示し、第一歩目を踏み出す。

新しいことを始める時、たくさんの批判を浴びる。心がブレればブレるほど、戦略の先にある目的はどんどんブレていく。

CHROに最も求められる資質

CHROに一番必要なのは、スキルでも経験でもなく、信じて、言い続けて、やり続ける不屈の精神だと思っている。

人と組織の話は全員に関わる話で、誰でも意見を言いたくなるもの。

未来に向けて物事を前進させよう。

Scroll Up