CHROの役割

CHROの役割

「性格のいい会社ランキング」の上位企業から学んだ2つのこと

口コミサイトのVorkersがミライフ社長の佐藤雄佑さんの協力で、「性格のいい会社ランキング」を作成、発表されていました。上位数社の佐藤さんの考察が記載されていましたが、その内容がとても参考になったので、紹介します。
CHROの役割

人事、総務、広報、社内情報システムは一つのチーム、一つのメッセージで繋がって行うことを強く進める理由

今よりもっと素敵な会社、組織を創りたいなら、総務、社内情報システム、広報、人事が一つのチームになり、「働きやすさ、働きがいを実現する」ために考え、動くという一つのメッセージで繋がる必要があります。
CHROの役割

人の心を掴む3つのコミュニケーション方法

人と組織の関係を最適なものにして、組織の力で最高の成果を出すための戦略を経営サイドで考え、施策を実行するのがCHRO(最高人的資源責任者)だ。根本となる人と組織の関係を最適なものにするには、短時間で通常では想定しえないレベルで「相手の心を掴む」コミュニケーション方法を体得しなければならない。
CHROの役割

2018年に実施すべき「人と組織の関係」を最適にする3つのコミュニケーション施策

「あの人は素敵だね」という思いを胸に抱いているだけでは伝わりません。そういう思いを形にして会社から社員一人一人に伝えていく施策を企画し、実行していくのがCHRO(最高人事責任者)の役割の一つです。今回は「人と組織の関係を最適にする方法」として3つの施策を紹介します。
CHROの役割

人事が仕事初めの日にまずやるべき3つのこと

個人的に思う「人事が仕事初めにまずやるべき3つのこと」をまとめました。
CHROの役割

CHROは人と組織を未来に繋げる予言者なんだと思う

3つの視点(経営者としての視点、人事部門全体の視点、組織全体の視点)を持ち、全体のバランスを取りながら、3年、5年、10年先のありたい未来を見て、今すべきことを戦略として練る。それがCHROの役割
CHROの役割

面接の3つの極意

面接をする時にいつも心掛けている3つのことがある。 ・提出された書類には答えはない。相手の表情をよく見る ・ある時点のその人の状態で判断しない。人生を共に旅したいか、で判断する ・とにかく今、この瞬間を楽しむ
CHROの役割

CHROはビジョンの伝道師(エバンジェリスト)である

CHRO(最高人事責任者)は、採用、育成、評価、人事制度、社内外の活動のあらゆる場面で人と接点を持つ。この接点においてミッション、ビジョンを語り、バリューを体現し、企業文化(カルチャー)を創り出していく役割を持つ。
CHROの役割

CHROのあり方・育て方

元リタリコの市川大樹さんとランチMTGを行い、HR領域の現状と今後、課題の共有、CHROのあり方・育て方、人生をどのように送っていくのか、ということについて1時間半ノンストップで語り合ってきました。
CHROの役割

人事が本当にすべきことは何か?

人事は人が組織に関わる全ての接点、エクスペリエンス(体験)がどのようなものであるべきかを包括的に考える段階に来ている
Scroll Up