一流の人事は相手にトコトン興味を持ち、聞いて、聞いて、聞き倒す

イメージとしては相手の話を聞きながら、相手の人生を一緒に旅するような気分でいると、自然と素晴らしい対話ができていることでしょう。相手の人生を一緒に旅をしている気分でいられれば、話を聞きながらイメージしづらい点が出てきます。その部分について質問をするのです。「その時にはどんな景色が見えていたんですか?」と。

記事を読む

出会ってくれた人にどんな気持ちで接しているか

出会ってくれた一人一人の人生に誠実に、情熱を持って接する。こういうスタンスでいたいですね。

記事を読む

年収を上げるための4つの方法

働いている人なら「もっと年収が上がったらいいのに」と思っている人が多いかと思います。分からないことを調べるならGoogleで、以上、としたいところですが、不思議と年収を上げるための方法が紹介されているものはあまりない、というのが現状です。今回は私が思う「年収を上げるための4つの方法」を紹介します。

記事を読む

善意の指示待ちになるな

先が見えづらく、何が正しいのか分かりづらい時代だからこそ、様々な知見からのアイデア、意見を出し合って、力を合わせてその時点で最高のサービスや製品をチームで創り出すようにしないと、受け入れられることはない。

記事を読む

面接の3つの極意

面接をする時にいつも心掛けている3つのことがある。 ・提出された書類には答えはない。相手の表情をよく見る ・ある時点のその人の状態で判断しない。人生を共に旅したいか、で判断する ・とにかく今、この瞬間を楽しむ

記事を読む

グダグダ言わずにさっさとやる。やってみると意外と大したことがないと気がつくことが多い

やることを躊躇していたことに手を付けてみると意外と大したことがないことが分かることもしばしば。勝手な先入観や思い込みで、仕事の進捗も変わってくる。

記事を読む

すべては信じられる一歩目を踏み出してから始まる。あとはそれをやり続けるだけ。変革には運用が大事なんだ。

9月に入り、乱れていた生活形式を少し見直すことにした。 何に時間を使ったのか?だけでなく、使った時間をどれだけ活かしているのか?成果は?という視点でも日次でチェックしていくことにした。

記事を読む

痛恨の失敗。分かっていたのにHow?から提案書を作り、見事に切り替えされる。思わず身を乗り出すようなWhy?から入らないと人の心は動かない。

How?から入る提案は心に刺さらない。思わず乗り出すほどのWhy?から入り、What?でその源泉は何かを突き止めてから提案すべきだった。

記事を読む

CHROが一日で何に時間を使い、どのような結果を出しているのかを公開してみる

一日でどの時間に何をしたのかは、iPhoneアプリでデータを入力するようにしているので、その計測データを元に、どのように時間を使い、どのような結果が出ているのかを書ける範囲で紹介していきます。

記事を読む

スポンサーリンク
アーカイブ
Scroll Up